福山市立動物園~コガタヤギの「ポポ」追悼

福山市立動物園の友の会の会報「さえずり」Vol.8 No.1にて、コガタヤギのポポ(♀)の訃報を知りました。悲しい報告ばかりにしたくないので、「ヤギの挨拶のお話」と併せてお伝えします。(※学術的な考察ではありませんので、ご注意 :Dm )

2007/1/20 のポポ(♀)
ポポ
 2月4日 破傷風菌による感染症で死去

福山にはポポを含めて4頭のヤギ(コガタヤギ)が居ました。呼べばワイワイと寄ってくる「ドレミ」(♀)、「おんぷ」(♀)の親子と違って、ポポは慎重派で人間にあまり関心を示さないタイプなので、福山のヤギと遊んだことのある人でも割と印象の薄い子だと思います。ただ、1年ほど前から動物園にヤギの姿を追いかけるようになった私、ポポにはヤギ同士のコミュニケーションの取り方を色々観察させてもらったこともあり、想い出に残る1頭です。
彼女のおかげで、ヤギの気持ちが分かってきたような気がします。

ドレミ(左)に挨拶中のポポ(右)
ポポ&ドレミ
ドレミもお返しでペロペロ

ヤギは額(ひたい)と舌でコミュニケーションを取ります(他にもあるんだけど、それは、京都のヤギたちを紹介するときに・・・ :Dm )。ヤギは喧嘩をするときに角と角を──というよりは「額と額」をぶつけ合いますから、ヤギに額を押し当てられるとちょっと戸惑ってしまいます。動物がコミュニケーションを取るときに使う器官というのは、攻撃に使われる器官としばしば同じであったりするわけで、例えばイヌ科なら口を使う、ネコ科なら兄弟などと戯れるときに腕を使う(ネコの武器は牙ではなくてパンチです)傾向が強いように思いませんか? 動物が独自に発達させた器官というのは、それを使うことが楽しかったり、気持ちよかったり・・・使いたくなるように出来てるんですよ。それが正反対の用途に使われることはそう不思議ではないことかも知れません。
動物園に居るヤギが人に敵意を持つことはまずないですから、ヤギに額をスッと寄せられたら、親しみを込めた挨拶と捉えていいと思います。
(ヤギ同士だと、小競り合いに発展したりしますが、何がトリガーになってそうなるのかはよく分かりません :xm )

ポポに最初に会ったときは、ひたすらペロペロと手を舐められました。二度目に会ったときは、他のヤギも時々やるように、「舌でペロペロ舐めてから額を数回軽く擦り付ける」の繰り返し。この違いの発生はどういうことか、と考えると、どうも相手との位置関係によるもののようです(柵越しに撫でていたり。一度目はポポの足場が不安定だったり)。
ヤギは人間を相手にしていても、ヤギに対するようなコミュニケーションを取ろうとするのですが、体型が違う(&人間側はヤギのやり方を知らない)ため、すれ違いが発生します。
王子のソラ(この子も福山出身)を例にすると・・・(多々、脚色が入りますが :Dm )、
まず、ほっぺを撫でてやります。これはヤギにとっては相手の顔に額を擦り付ける挨拶と同じことになるのかもしれません。撫でられながらソラは、「なんかヤギっぽくないけど、挨拶されてるみたい。さぁ、どうやって挨拶を返そうか」なんて考えてるように見えます。
撫で終わった後、ソラが取る行動は千差万別。脇の下や腕の間(要は胸)にちょうどいいスペースがあると、頭をぐいっと寄せて来ます。目の前に手があれば舐めることもあります。角度がよければ額を擦り付けてみます。どうにも位置がやりづらいようなら、相手が離れたらしばらくついて歩いて、気にかけてることをアピールします。
こうやって色々なことが分かってきた(つもり?かも)のは、ヒントをくれたポポのおかげ(羽村のヤギに初めて「ペロペロ→頭擦り付け」をされて、意味が分からず悩んでたところに出会ったのがポポでした)。一見、無愛想に見えるヤギたちの反応の中に、優しい気持ちが詰まっていること、知ることができました。

ポポGallery

なめらかアルバム形式です。マウスのボタンで左右にドラッグできます。
 サムネイル右上の三角をクリックすると大きな画像が開きます。)

ポポの冥福を祈ります。天国でもおっとりマイペースで暮らしてね :Dm  

さて、ポポの死因は、破傷風ということでした。これは現代では人間にとっては全く恐ろしい病気ではなくなったのですが、動物は初期症状の判断が難しいため、なかなか救うことが難しいようです。福山では予防のためのワクチン接種を始めたそうです。 珍しい病気のため、前例がなくてはなかなか対処できない(予算もあるだろうし)もののようで、私たち観覧者ができることは・・・うーん、動物園に通って応援するくらいしかありません(福山では施設拡充のため?の募金をしていますので、是非、ご協力を)。
会報「さえずり」は園内のエミュー舎近くに掲示されています(季刊誌なので、3ヶ月くらいは貼ってあるのかな)。ポポの治療の経緯や、意外なキリンの削蹄の話など、興味深い記事が載っていますので、一度ご覧になってみてください。
≫福山市立動物園 公式サイト 地元民でもなければちょっと遠いんですけどね :(m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。