Coming soon2

(2010/1/16) 天王寺動物園
チュンサン&ユジン
この週末には・・・・・と思っていたチュウゴクオオカミの交尾ですが、
もう秒読み段階、という感じではあるのですが、土曜の午前中には確認できませんでした。

チュンサン&ユジン
月曜にはまだダメよ~って態度だったユジンさんが誘いをかけてるのに、
チュンサンの反応がいまいち。でも、もうすぐです。

シュタイン&アイン
ドールも順調に発情期を迎えているようです。夏ごろから午前中は妙におとなしくしていたアイン(奥)も
シュタイン(手前)と一緒に走り回るようになってます。今年はヘタレ返上できるか、アイン。

【フラッシュ撮影について】
動物園で写真を撮る人が増えてきていますが、最近、特に一眼レフタイプのカメラを
持っている人のフラッシュ撮影が目立ちます。
とても残念なことです。
(一般の人はカメラの形だけを見て、一眼持ってる=ベテランの人がやってるから
 やってもいいんだ、と思ってしまいます)
動物たちは人間の想像以上に繊細で、ちょっとしたショックで営巣や繁殖を
取り止めてしまう例は、動物好きなら小さい頃から幾度も刷り込まれてきた
話であるのですが、
知らないがゆえにやってしまう人もいれば、
因果関係が証明できないことを盾に好き勝手する人もいるわけで、
もどかしいところです。
お客同士で揉め事を起こしてもつまらないので、動物園の運営に期待したいところ
なのですが、キリンやコアラといった明らかに行動に変化の出る動物に対しては
案内板で注意されていることが多いものの、他の動物に関しては・・・・。
前例が無ければ対処しないというのは寂しい話です。(感受性には個体差もありますからね)
もっと動物たちを守ってあげて欲しいです。

写真を趣味にされている方にとっても、結果を求めるなら動物園にフラッシュは不要な
はずなんですけどね。
ガラスや金網に反射するし、人間の肌と違って動物の毛並みに人工的に光を当てると
不自然に写りますから。

野生動物の撮影に関しても、フラッシュや餌付け、その他心無い行為によるものを
見極め、そういったものに価値を認めない文化が根付いていけばいいな、と思います。
(おいおい、自然界にそんな綺麗な切り身の肉が転がってるかいっ、
 って写真がありますからね・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。