鈴鹿の山はシカの山~霊仙山

2007/4/29 霊仙山にて
霊仙山のシカ
親子鹿 (大きな画像は・・・ないよ。ほぼ等倍だから :(m )

鈴鹿山系の北端、霊仙山に野生のシカの姿を追っかけてきました。
一昨年の同じ時期、夜景でも撮るかと出掛けた霊仙山で、夜明けとともに山頂を越えていくシカの群れを見ました。
昼間はまともに姿を見ることのないシカの群れに、人智を超えた世界を感じたものです。
その日は、まともな望遠レンズもなく、双眼鏡で眺めるしかなかったのですが・・・今回は換算300ミリ担いでチャレンジです :Dm

終電を使って、柏原道から登山開始。このコースはなだらかで、時間を潰しながら登るのには最適。
一昨年は、5合目あたりから藪の中数メートルほどの距離でシカがわさわさと動いていたのに、今年は遠巻きにして「ピーッ」というか「キョーッ」というか(なんとも表現しづらい独特の鳴き声)警戒音を発するばかりで、肌で感じるような存在感がありません。暖冬のせいで食糧事情が変わって行動が違うのかな、とも思ったり :(m
山上には夜明けより2時間も早く着いてしまい・・・、避難小屋には先客、さすがに真夜中にお邪魔するわけにもいかず、経塚山(北霊仙)の岩陰で吹き荒れる風を避けることに。
足元は夜露に光るトリカブトだらけ、使い捨てカイロを取り出さざるを得ないほどの極限状態(違う :Dm )の中、ふと見上げると・・・
空を端から端まで繋ぐ、天の川。煌く無数の星たち。夜間登山がやめられなくなる瞬間です。
低山なので、街の光もそこそこあり、この日は月も明るかったのですが。

そして、薄明の中、太陽が姿を見せる少し前の刻、警戒音を発しながら・・・、来ました! シカの群れ
霊仙山のシカ
しかし・・・、遠いっ!!
盛んに警戒しており、近寄れません。500ミリくらいのレンズは必要だなぁ :(m

大台ヶ原ではもっと近寄れるんですが。
どうやら、子鹿がいるため警戒心が強くなっているようなのです。
移動するシカの群れは、縦長の陣形で、前方の安全を見極めるオトナが先鋒で数頭、中盤に親子連れが居て、後半は少し散開して周囲を警戒します。
で、殿(しんがり)のこいつ
霊仙山のシカ
彼女(?)の合図で群れは一気に逃げ去ります。「ピョーッ」って鳴かれたときには、もうこっちの姿が見つかってますから、この最後尾のシカのお尻くらいしか見えません。

見てる、見てる :Dm
霊仙山のシカ
こっちは望遠でやっと捉えられる距離なのに、向こうからはしっかり見えてるんだろうなぁ。
能力が違いすぎます。

下りコースは、谷山谷へ。横道~広畑 経由です。このコースを選んだのは、日中のシカとの遭遇率が高いから。
思惑通り、2つの群れと単独のシカに出会いました。しかし、前述の通り、シカの声で存在に気付いたときには最後尾のシカが逃げていくばかり。単独のオス(と思われる)も、木立ちが邪魔をして撮れませんでした。

鈴鹿、特に霊仙山はシカの山。
登山道まで足跡だらけですが、その姿をじっくり見る機会はなかなかありません。
うーん、次は水場でビデオカメラ(SONYのNightShot)を持って張り込んでみようかな :Dm

最後に、登山道に落ちてたシカのお尻の毛?
シカ・・・? (クリックで拡大)
ニホンザルの毛かもしれませんが :xm

鈴鹿の山はシカの山~霊仙山” へのコメントが 2 点あります

  1. 正に鹿の山ですね。昼間でも鹿の道に入り込み藪に潜ると良く遭遇します。笹も減りつつあります。隣の植林の山には万里の長城のように一応ネットが境界に張ってはありますが。

    • かずおさま、初めまして。

      霊仙は登山者向けの交通の便があまり良くないのとヤマビルのおかげで、花のシーズン以外はひっそりしていて、鹿たちの楽園ですね。
      獣害対策はコストとの兼ね合いなのでどうしても局所的になってしまいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。