ウシ科の憂鬱

円山動物園「キナコ」のアニマルファミリーに登録しまして、
会員証も届き、キナコからイベントへの招待もあるとかで、
もうキナコに呼ばれたらいつでも行っちゃうよ~、北海道!!
な気分だったところに、今度は東山動物園から、情報誌「ひがしやま」が届いたのですが・・・

かなりご無沙汰している東山から、悲しいお報せがありました。

(2009/2/28) 東山動物園
アビー
個人的に東山の代表動物に推薦している、ボンゴの「アビー(♀)」が、
3/12に亡くなったとのことです。
2/28に会ったときには、上の写真のように毛艶も悪く、足元がフラフラだったのです。
草食獣がこれだけ弱った姿を見せるとかなり危険な状態であるので、
覚悟はしてましたが・・・。ほんの二週間後に旅立ってしまったんですね。
アビー
若い頃(2003/8/3)のアビー 美しい子でした。
アビーの冥福を祈ります。

(もう一つ、アビーの画像が見つかったので追加です)
アビー
一時期、隠れキャラ化してたので、あまり写真がありませんでした。

そして、こちらは伝え聞いていたのですが、
金沢動物園の「ガンコ(♀)」も、 3/6に亡くなっています。
ガンコ
(2007/12/22) 横浜市立金沢動物園
あんまりきちっと挨拶できてなかったね。ガンコも、安らかに・・・。

国内のボンゴは、東山のユーリー(♂)、マツ(♀)、そして富士サファリパークに居ると
思われる♂♀二頭、四頭になってしまいました。
ユーリーと仲が良いと言われていたアビーが亡くなり、マツは高齢、
富士の方は分からないけれど、ボンゴの血統を維持するのは難しくなりました。

ウシ科の動物は、あの狂牛病の一件以来、海外からの血統を導入することが
ほとんどできなくなっています。
家畜と、食用にされるわけでもなく牛骨粉を与えられているわけでもない
野生動物を一絡げにしてしまう、非科学的?な乱暴な措置に納得が行きませんが、
そういう現状なのです(インフルのマスク騒動といい、ウンザリ :xm )

っと、このウシ科輸入規制の話を聞いたのは、
同じウシ科のドールシープ「ラン丸(♂)」くんのスポットガイドのときでした。
ラン丸
11歳の国内歴代最高齢を樹立した、ラン丸。自分の角で角マクラ。

ドールシープは、国内ではラン丸一頭だけなのです。
なんとかしてあげたい、と訴えているけれど、上層部は関心がない、
と飼育員さんが嘆いていました。
東山だけでなく、金沢でも、アノアやガウルが現在居る個体のみで
血統が途絶えてしまうことを危惧する声を聞きます。

動物園って、多種多様な生き物が集まっているところに一つの価値があると
思うんですよね。
人気の動物を必死に囲ったり、集客のために赤ちゃんの一般公開を急いだり、
そんなことばかり意識してないで、マイナーな動物もしっかり繁殖させて、
注目を集めるように展示を工夫していってもらいたいものです。
自分たち人間とどこか遠い祖先で繋がっているのに、姿の違う動物たち。
ドールシープの角は寝るときに邪魔にならないの?
ボンゴの角はどうして♂と♀で形が違うの?
そんなことを考えながら、この世界が人間だけのものでないことを
感じ取ってもらえる、動物園はそういう場所であって欲しいのです。

—-
足が遠のいていた東山ですが、アビーにお別れをしたいこともありますが、
何が何でも、近いうちに行かねばならない。
園内ビール販売アンケート」に答えるためです。
馬鹿げた話です。
(U野が以前から認めてたってのにはがっかり。A山は「やっぱり」、という感じですが、
 天王寺はやってないよなー? 確かめるのが怖い)
日本人の気質を考えると、反対票は投じにくいし、「条件付賛成」か、
どっちでもいいから「賛成」といった流れになってなりそうだし、
アンケートに持ち込まれた時点で結果は見えてるような気がしてきます・・・。
でもねー、動物が好きだ~~っって人は、東山行ってアンケートに「反対」
書いてきて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。