蒸気演算室
李紅蘭のプロフィールを蒸気演算機ではじき出しました!(笑)
■李紅蘭のひ・み・つ
デフォルメ紅蘭
Illustration by 十夢
本 名李 紅蘭/り こうらん/Li Kohran (Li Honglan)
出演作品サクラ大戦シリーズ全作(セガサターン、ドリームキャスト、プレイステーション2用ゲーム/OVA/TVA)
年 齢1:17歳 2:19歳 3:20歳 4:21歳
出身地清国〜中華民国・北京
身 長156cm(さくらより大きいんです)
体 重42kg
3サイズ B78 W55 H81
誕生日一九〇六年三月三日
血液型B型
容 姿眼鏡をかけて、三つ編みをして、チャイナドレスを着ている美少女。そばかすもかわいい(*^^*)
性 格一途で純粋、明るく、健気。どんな時でも前向きだが…
特 徴怪しい関西弁で話します。子供に大人気!
愛 車蒸気バイク(ハマイチ)
蒸気飛行機(紅豚号)
嫌いな物うそと納豆
悩 みクセっ毛
C V渕崎ゆり子さん
主演作品
つばさ、大恐竜島、ラジオドラマ少年レッド、新宝島
主な持ち歌
つばさ、東京的休日、メトロで行こう、少年レッドのテーマ、ひらめきのうた、夢見る機械、時代の列車、光武、この書物は、スター輝く星など
趣味・特技
機械いじり、発明、花札、皿回し、野菜(トマト)栽培
キネマトロン・ナンバー
13700(花やしき) 13500(少年レッド)
必殺技
1:チビロボ、聖獣ロボ、凄絶・天象烈界破(合体) 2:雀牌ロボ、球電ロボ、聖獣ロボ・改、超絶・猛火赤龍咬翔(合体)
発明品
えんまくくん、まことくん、ばんそうくん、えんかいくん、からおけくん、もちつきくん、ばくちくくん、キネマトロン、蒸気蓄音機、蒸気圧力ガマ、蒸気掃除機、蒸気カメラ、蒸気時計、蒸気通信機、蒸気蚊とり線香、蒸気バズーカ、中折れ式三連射弾筒・・等多数
名前の由来
広井王子氏の従姉妹の名前から。広井氏の伯母が戦争で中国に取り残され、日中国交回復(1972年)の際に来日した従姉妹を浅草を案内したときを思いながら「つばさ」を作詞したそうです。
紅蘭の机
紅蘭の机(笑) by Mitoさん
概 要
 サクラ大戦、ある意味最強のヒロイン。眼鏡、おさげ(三つ編み)、チャイナドレス、そばかす、関西弁という5つの最終兵器をも持ち合わせています。いわゆるフェチ要素の塊ってやつですね(笑) また後方支援機としての紅蘭の光武もかなり強力です。
 他のキャラを寄せ付けないイベントの濃さは必見(爆発するから…ではなく(笑)) ストーリーは涙なくしては語れず、それでいて脳味噌の中枢を直撃するドキドキの展開にプレイヤーのハートは大爆発!
 純朴で健気で時折見せる寂しい表情…でも普段は見てるほうまで幸せになるような屈託のない笑顔。心の奥底に隠された本当の紅蘭の姿は「守ってあげたい」という言葉がピッタリです。
生い立ち
 李紅蘭は1906年3月3日、父・李策杏と母・香燕の間の3番目の子として清国北京で生まれる。姉には容蘭と芳欄がいる。
 貿易商の李家は裕福で、北京郊外に豪邸を構え、大勢の使用人も雇っていた。父・策杏は珍しい機械を手に入れると分解するのが趣味だったが、器用でなかったため、元通りになることは少なかった。
 そんなある日、取引相手から懐中時計をもらい、いつものように分解したはいいが、元には戻らず困ったいた。そんな父の姿を持て、いつも傍らで分解を見ていた4歳の紅蘭はいとも簡単に組み立ててしまった。
 天才少女の誕生である。

 万事幸福かと思われた生活も内戦(辛亥革命)によって家族を失うことで一変してしまう。
「強い子になれ。どんな時も笑顔でいなさい」
父の遺した最後の言葉…紅蘭をこの言葉を深く心に刻みつけた。
 紅蘭は銃弾が飛び交う中、ただの一発も当たることなく、無事くぐり抜けることができた。霊力が目覚め、無意識のうちに銃弾を逸らしたからである。

 孤児となった紅蘭は里子としてある農家で養われるが、使用人同然の生活は毎日が地獄のようだった。
作業場が暗かったこともあり、目もすっかり悪くなっていたが、眼鏡を買ってもらえる立場ではなかった。
 里親となったのは、趙家の郭宣とその妻暁明。他に家族は長男の郭加とその妻恵芳と子供3人、次男の郭英とその妻慶美。紅蘭を入れると10人の大家族だ。そんな中、慶美と仲が良かったのが唯一の救いだった。

 13歳になった紅蘭は兼ねてから興味のあった飛行機を見るために、日本の領地となっていた大連飛行場を訪れた。その時、飛行場にいたある海軍少尉と出逢う。少尉の計らいで飛行機に触れることができ、その時から飛行機を作ることが夢となった。ささやかな触れ合いではあったが、紅蘭にとっての初恋である。(その少尉と大神が重なるらしい…)

 だが、またしても紅蘭に不幸が襲う。華北から満州にかけて暴れまくったいた野盗集団「馬賊」が紅蘭の村を襲ったのだ。紅蘭は必死に抵抗したが、多勢に無勢…危機に陥るが、パーシー・ホワードと共に中国に訪れた藤枝あやめによって救出される。しかし、馬賊の首領を討ち取って安堵した瞬間、倒れていた賊の1人が身重の慶美めがけて発砲した。紅蘭はとっさに身をもって庇い、そして被弾した……はずだったが、弾は逸れて胸元に入れてあった父の形見であった懐中時計に命中していた。
 偶然に当たったのでなく、霊力によって弾道を変えたのである。無論無意識であることはいうまでもない。そして、。秘められた能力を見抜いた藤枝あやめによって見出され、帝国華撃団隊員候補してスカウトされたのであった。先の内戦で霊力を見せた紅蘭の事が報告されていたからで、それ以来目をつけられていたのだ。
 来日後は神戸のパーシー・ホワード邸で過ごし、人型蒸気と霊子力機関、日本語について学んだ。2年後、再びあやめが神戸を訪れた時には、紅蘭は眼鏡にチャイナドレス、そしておかしな関西弁を操っていた(笑) ついに正式に華撃団隊員にスカウトされたのであった。帝劇の李紅蘭の誕生だ。……紅蘭の関西弁が怪しいのはパーシー・ホワードの言葉が怪しいことに他ならない(笑)

 花組の中で最も早くスカウトされたのは紅蘭だった。当初は、花やしき支部で技師として配属され、山崎真之介の遺した数々の設計図を元に兵器開発に携わる。紅蘭の才能はいかんなく発揮され、まさに天職を得たりの環境だった。その技術は光武の開発にも活かされ、自らの光武には独自の改造を施し、火力を強めた後方からの長距離支援を得意とする機体にするなど抜け目がなかった。まさに「こんなこともあろうかと」だ(笑)
 その後は知っての通り技師を兼任したまま、花組の舞台女優「帝国歌劇団のアイドル」として活躍!……え?華撃団?降魔迎撃部隊?それは内緒だって(笑)

O-WORKSによる紹介も見てね

トップページに戻る