辞書トップページ
辞書を閉じる / 注意事項
新規項目の登録

(項目表示方法)
あいうえお順 / 分類別
更新順
検索語はスペースで区切ってください。
(カン)

カン
(かん)

項目名カン
読みかん
分類北斗の拳

公的データ
  • タンジジロと同じくフドウに養子として育てられていた
    少年。二人が冷酷な実父・ヒルカにさらわれ、拳先遣隊
    に一人なぶられている所を、フドウ達より一足先に南斗
    後の将の居城に向かっていたケンに救出される。その後ケ
    ンは合流したフドウ部隊の者によって・ヒルカの性格を知ら
    される。カンの涙を優しくぬぐうと、一瞬だけ微笑み、
    「将の涙もこの子の涙も違いはない」
    居城を目前(数kmか?)にしながら再びフドウ達のもと
    へ引き返すこのシーンはケンの性格をわずか数コマで表現
    して見事だ。
私的意見
  • まだ書き込みはありません。
関連リンク
  • まだ書き込みはありません。
この項目に書き込む / アンケートに投票!! / この項目の一部を削除する
辞書トップページ
辞書を閉じる / 注意事項
新規項目の登録
管理モード