宇宙戦艦ヤマト〜イスカンダルへの追憶 プレイメモ


 ■PlayStation2用ゲーム/SLG/7,140円(税込)/バンダイ■

◆概要◆

■ファンも納得?■

 この時代になってヤマトといえば、やはり対象はかつてのファンに向けてだと思うが、それにはやはりそれ相応のこだわりがないとなかなか受け入れてもらえない。初回生産限定版にはファーストシリーズの名場面、「イスカンダルへの追憶」の名場面がそれぞれ収録されているDVDがついてくる。もちろんポリゴン仕様だ。
 これがまたツボを押さえた高い完成度で、ファンなら涙もの。一部鬼籍に入られたり、第一線から退かれた声優以外は、デスラーの副官タラン、暗黒星団帝国のメルダーズ、デーダーに至るまでそのほとんどが原作通りというのもファンにはありがたい。
 富山敬氏の代理は例によって山寺宏一氏だが、「富山古代」を研究したのか、かなり良い感じになってきた。代役としては十分と言ってもいい。雪の麻上洋子さんの“儚げで色気のある声”も少しの陰りもない。白色彗星帝国戦で戦死した加藤三郎は出てこないが、同じく戦死した山本明はコスモタイガー隊隊長として登場する。(前作PS版さらばの生存ルートに拠る) 当時流行りの片目が髪の毛に隠れた男といえばおわかりだろう(笑) 残念ながら曽我部和行氏は第一線を退いているので、声優は代役が当てることになったようだ。他には地球防衛軍総司令の藤堂平九郎の声が伊武雅刀氏でなく、大木民夫氏になっているのには疑問が残る。伊武氏はデスラー役で出演しているからだ。長官は伊武さんじゃないと駄目だ!他に代役といえば、島にはヤマトIIIで土門役だった田中秀幸氏、山崎機関長には秋元洋介氏を当てている。仲村秀生、寺島幹夫両氏に衰えがあるからだろうか…非常に残念だ。

■オリジナルキャラクター&シナリオ■

 舞台は暗黒星団帝国編の第一弾「新たなる旅立ち」だが、ヤマトがイスカンダルに辿り着く前に、白色彗星帝国の残党が占領する第11番惑星を叩くというシナリオが用意されている。また、乗組員には「新たなる旅立ち」から登場する航海班の北野哲、戦闘班でコスモタイガー隊の坂本茂、機関部の徳川太助など新人に加え、坂本と同期の椎名晶というオリジナル女性パイロットが登場する。本来、暗黒星団帝国編後半の「ヤマトよ永遠に」に艦長として登場する山南もガニメデ基地司令官として登場する。もちろん声はドメル将軍、ズォーダー大帝でお馴染みの小林修氏だ。
 キャラクターデザインは松本零士色が強く出ていて、アニメ版とは大きく異なるのが残念だ。山崎機関長などはほとんど別人に…。西崎ヤマトとの決別の証なんだろうか。

◆プレイメモ〜新たなる旅立ち◆

01.アステロイドでの訓練

Q.小惑星アイーだの高度はヤマトから見て……→答えは「1.上にあった」

【注意点】
  1. アイーダに進むには、「R1」で全体図を表示させるのが確実。
    上から見ると時計盤のようになっているので2時の方向に合わせ、上方に30度上げて、小さい小惑星帯に合わせるようにする。
  2. アイーダ付近のアステロイドベルトに入ったら、「回転」で艦を停止させる。
  3. バルーンは「追跡」で追い、攻撃は「戦闘モード」で行なう。ここでは「波動砲モード」を選べば説明を聞くこともできる。
  4. 続けてモードを「直接攻撃」に変えて、各個撃破する。
  5. コスモタイガー隊はまず山本隊、坂本隊、椎名隊それぞれ「R3」で確認する。
  6. 坂本隊に「R3」で合わせ、太陽に向けて進む。間違わないようによく確認してから実行する。
  7. バルーンを発見したら、「追跡」して、「戦闘」か「直接攻撃」で撃破する。
  8. 椎名隊に「R3」で合わせ、「追跡」し、「戦闘」か「直接攻撃」で撃破する。
    ※この訓練では説明が出るので、特に問題ないだろうが、ミスなしでクリアするにはそれなりの集中力が必要。

【ミッションクリア】
ヤマト魂230
誰もミスがない場合 特殊ボーナス50
これでランクA。ボーナスポイント1580〜1590ポイント得られる。おそらくさらなる時間の短縮で1600いくのだと思われる。

1つでもミスをした場合、北野、徳川、坂本、椎名にパンツ一丁で館内一周の罰ゲームが与えられる。
椎名も? それは見てのお楽しみに(笑)

【クリア後】
クリアすると、ファーストシリーズの「回想-1、ガミラスとの月軌道での戦い」をプレイできる。徳川彦左衛門、加藤三郎(声なし)などブラックタイガー隊が登場する。
このミッションでもヤマト魂をGETできるが、あまり効率は良くない。基本的には訓練で学んだ、艦載機による索敵を活かすのが基本戦術とになる。

「アステロイドでの訓練」編も何度でもプレイでき、その度にポイントをもらえるので、ポイントを溜める目的だけなら、そちらをプレイすることをオススメする。

02.ガミラス星崩壊

【注意点】
  1. 特に難しい点はない。ガミラス本星に向かい、まず眼前の敵を撃滅し、新手が現れたらその新手を先に撃退してから、残存の敵を殲滅すればいい。

【ミッションクリア】
1回目のプレイではあまり効率良くなかったせいか…
ガミラス魂230
特殊ボーナス30
ランクA、ボーナスポイントは1500だった。
やはり何度かやって慣れる一方でポイントを稼ぐのがいいかもしれない。
ポイントになっているのは、10分以内撃破、総統の艦が撃破数が一番多い、少数で多数を撃破、回復アイテム使用せず、友軍損失なし。
5分経過すると、ムービーシーンが入る。

2回目のプレイでは時間短縮で4:04で撃破。
ガミラス魂280
特殊ボーナス30
ランクA、ボーナスポイントは1610だった。
4分切りたいところだが、とりあえず先に進む。

【クリア後】
増援として一等戦闘艦『ドーラ』が加わる。『ドメラーズIII級』の大型戦艦。結果によって異なるかもしれない。
さらに「回想-2 ガミラス星内殻」をプレイできる。難易度は高め。

03.雷王作戦

【注意点】
  1. 艦隊は再編成したほうがいい。2部隊または3部隊に分け、それぞれに艦載機隊を適当につけてやる。配置は一番手前の左右に振り分けて、左右それぞれの敵部隊を殲滅。
  2. 全部隊で正面の敵を撃破。ムービー後敵の突撃が始まるので、同じように手前の敵部隊が各個撃破していく。
  3. 離脱なしでクリアで、ヤマトの敵撃破数が一番多い、少数で多数を撃破、回復アイテムを使用しない、ヤマトが敵旗艦を倒した…のボーナスがつく。

【ミッションクリア】
ヤマト魂260、特殊ボーナスなし
Aランク、ボーナスポイント1540。
特殊ボーナスなしなのは総ダメージの問題だろうか?

【クリア後】
ここでも新しいユニットをもらえるが、やはり結果によってもらえるものが異なる。
何度か試してみたが、同じAでも輸送艦蓬莱丸、波動砲なしの主力戦艦アーカンソー、イリノイ、波動砲ありの主力戦艦(名前忘れた(笑))、攻撃空母大鳳、Bでは無人駆逐艦など…いいのをもらうために何度もやりなおしたほうがいい。空母か輸送艦が一番いいか…
…ということで粘ってたら疲れたので今日はここまで(笑)

◆増援艦〜スペック◆

■地球防衛軍

防衛軍物資輸送/工場艦『蓬莱丸』(雷王A総ダメージ約20000)
 HP20000 波動砲無 砲撃0 雷撃0 対空20 防御力80 速度低速 レーダー中
 本来は木星などの外惑星資源を地球へと運ぶ資源輸送船団に使用されていたもの。コンテナの他に資源の回収=再利用ユニットも増設し、戦場での資源回収にも運用できるようになっている。

攻撃空母『大鳳』(雷王A総ダメージ19000)
 HP25000 波動砲無 砲撃25 雷撃0 対空10 防御力160 速度低速 レーダー中
 防衛軍に存在する数少ない空母の一つ。増加装甲を施され、防御性能を高められたタイプである。乗員の生還率向上を目指した生命維持設備の大型化に伴い、艦首波動砲は外殻のみ残し撤去されている。

無人駆逐艦『カタールI』(雷王B)
 HP18000 波動砲無 砲撃10 雷撃40 対空0 防御力110 速度高速 レーダー中
 防衛軍無人艦隊構想の一角を担う新型駆逐艦。あらゆる面において従来の駆逐艦の能力を上回るが、コントロールを他艦に依存するため、旗艦には設定できない。

■ガミラス艦隊

改G型一等戦闘艦ドメラーズIII級『ドーラ』(ガミラス星崩壊A)
HP25000 波動砲無 砲撃性能30 雷撃30 対空0 防御力150 速度中速 レーダー中

※とりあえずメモったものだけ。情報募集中。

戻る
[an error occurred while processing this directive]