ドラクエ9攻略情報局
ドラクエ8攻略情報局
ドラクエ攻略情報局
辞書を閉じる / 注意事項
新規項目の登録
リロード

(項目表示方法)
あいうえお順 / 分類別
更新順
検索語はスペースで区切ってください。

(「マウントスノー」に書き足す - 地名)

マウントスノー(まうんとすのー)

項目名マウントスノー
読みまうんとすのー
分類地名

公的データ
  • DQ6に登場する町。いつでも雪が降っている。町民たちは寒い中でも元気で生活している、ハズだったのだが・・・・。(ゲマの彼氏)
  • 世界地図の南西寄りにある。主人公たちが初めて訪れたとき、村にいる人たちはみんな凍りついていた。いくら寒いからとはいえ、凍死もしないで凍っているとはなにごと?と思いきや、ゴランという老人に出会う。彼が50年前に、雪女と交わした約束を破ってしまったため、雪女が怒ってゴラン以外の村人を凍結させたのだった。
    主人公らが雪女ユリナに会って話をすると、凍結を解いてくれる。
    解けた人々の中に、たまたま逗留していたザム神官がいて、ラミアスの剣の洞窟について合言葉を教えてくれる。
  • 謎の巨大生命体「ヒルデガーン」

    宇宙からやってきた幻魔人。しかしまだ未完成の姿である。
    上半身と下半身に分かれ、その下半身がとある街に突然現れた。
    上半身はタピオンの身体に封じ込められているが、下半身はどういうわけか外に出ている。
    そして、ヒルデガーンが人間の多くいる市街地に現れて、久しぶりの食事を取ろう(吸収)としている。

    人々がヒルデガーンに襲われて逃げている最中、魔導師ホイが呪文らしき言葉を唱えている。
    この呪文は洗脳術であり、全ての人々が何故か同じ場所に集まってしまう集団催眠のようなもの。
    ついでに、この呪文を聞いた人間の性器(男性器・女性器)の機能が壊れてしまう恐ろしい術。
    精巣や卵巣も全て腐ってしまい、性器障害も起こってしまう。

    一般人A「逃げろ! 奴がこっちに来るぞ! あの尻尾に食べられてしまうぞ」
    一般人B「俺見たんだ。あの尻尾から涎だらだらの無数の触手で人の血を吸っているんだ」
    一般人A「冗談じゃない! あんな臭そうな触手に捕まってたまるか!」

    子供「あ! 来たよお兄ちゃん!」
    兄「大丈夫だ! このままじっとしているんだ!」
    子供「でも、尻尾からベロが出てきて僕たちを吸い取ってしまうよ!」
    兄「そうだな、とりあえず逃げよう!」

    子供「お、お兄ちゃん! 身体が動かないよ!」
    兄「あ、何だと! 何故動けないんだ」
    ホイ「無駄だ。呪文でお前たちを動きを封じているからだ」
    兄「だ、誰だ!?」
    ホイ「ヒルデガーンよ! ここの人間どもをじっくり味わえ!
     久しぶりのご飯だぞ。思う存分食べて力を身に着けるのだ!」

    ぺちゃぴちゃぺちゃぴちゃ!
    唾が濡れたような音をしている。どうやら涎を垂らしているようだ。
    久しぶりのエサだから、きっと食事を待っていたのだろう。

    女性「見て! ベロ触手が出てきたわ!」
    男性「くそう、どうして身体が動けないんだよ! このままじゃ俺たち死んでしまう」
    子供「うわぁ! すごく臭い!!」
    男性「こんな臭い触手に殺されてしまうのか!」
    女性「神様、お願いします! どうか私たちをお助けください」

    尻尾が開いた瞬間から、唾が乾いたような異臭がとても強くて、思わず人々は止まってしまった。
    やわらかいベロが身体を締め付けてゆく・・・
    このベロに捕まったとき、あたりは胃液のような腐った臭いが漂った…
    ベロで締め付けられた身体は唾液でびっしょり濡れて、とても唾臭くなってしまった…

    子供「ぐぅぅあっ!!!」
    男性「ぐわぁぁぁぁぁぁーーーっ!!!!!」
    女性「やめでぇ〜〜〜っ!!!!!」
    ホイ「ふははははっ!! もがけ!苦しめ!
     どちみちお前たちの命は明日までだ。せいぜい明日までに念仏を唱えるんだな!
     この星の人間どもは全てヒルデガーンのご馳走になる運命だ!」

    ヒルデガーンの触手が男女の生殖器に突き刺す!
    ヒルデガーンの触手の吸引は止まらない! 人々をことごとく全部吸い取ってしまう!

    女性「ぎゃーーーーーーーっあ!!!!!!」
    男性「ごわぁああああ!!!!!」
    ホイ「たまらん! この悲鳴がなんともぞくぞくしてくれるのう!
     ヒルデガーンよ、そのまま一気に身体ごと飲み干してしまえ!」

    触手が人間の頭蓋骨を貫き、脳みそに突き刺している!
    他にも首にも突き刺している! とても苦しそうだ。
    身体に突き刺した部分に唾で骨や筋肉がとろけてゆく・・・
    唾ベロで人間をじっくり味わいながら血液や養分を吸い取って、
    獲物の身体に唾を付けて、ゆっくり尻尾の中の分泌する唾で溶かしてしまう。
    このベロ触手の唾によって骨も脳みそも残らず溶けてしまう。

    子供「く、くるしいー・・・」
    一般人A「くぁぁぁーーーーーーー!!!!」
    子供「僕たち、どうなっちゃうの・・死にたくないよ〜」
    ホイ「苦しいか? 大丈夫だ。ほんの一瞬だけだぞい。
     お前たちはあの世に行くのではなくヒルデガーンのエネルギーとして働くのだ!」

    ホイ「ほっほっほ、ヒルデガーンの奴、いつもより涎の量が多いのう」
    男性A「たっ、助けてくれぇい!」
    男性B「お、俺はまだ死にたく…ぐうあ!!」
    ホイ「どうだ! ヒルデガーンのベロの触感は?
     やわらかいだろう? ただ唾でぬるぬるしているから気持ちが悪いかもしれんがな」
    女性「おねがい、やめてーーーーーーっ!!!」
    ホイ「ばかめ、やめてと言われて素直にやめるバカがいると思うか? じっくり死ね!」

    男性「おのれ! 死んでたまるか!」
    ホイ「この触手からは絶対に逃げられない!」
    女子大生「ぎゃあーーーーーーっ!!」
    ホイ「ほほう、地球にもこんな若い娘がいるとはのう。わしは若い女の子には優しいんじゃ。
     ヒルデガーンよ、あまり苦しめないようにゆっくり吸い取ってやれ」

    触手が女子大生の頭を貫き、脳みそに刺している。
    女子大生の脳に障害が起き、1歳児くらいの知能にまで下がってしまった…
    そして脳みそが委縮し、身体ごと消化されて死亡。

    ホイ「ゆっくりゆっくり舐めながら溶けていくがいい!」
    男性「もう、俺もとうとう終わりなんだな…せめて結婚してから…」
    ホイ「お前たちみたいなゴミでも、ヒルデガーンの力となるのだ! 光栄に思うがいい!」
    男性「目、目が見えなく…、耳も聞こえなく……」
    ホイ「ヒルデガーンもお遊びが好きだな。
     すぐに吸い取れば苦しまずにエネルギーになったものを、ゆっくり吸い取って却って苦しめている」

    人々をじっくり舐めしゃぶって、その後思いっきりエネルギーを「じゅるじゅる」と吸い取って、
    身体が残らず消化してしまった・・・かなり苦しそうだ
    吸収された人間の魂はヒルデガーンの身体に閉じ込められる。
    この者たちはあの世にも行けず、ヒルデガーンの血・骨・肉、つまりエネルギーとなってしまう。

    ホイ「おいしかったか? この星の人間はどんな味をしているんだ?」(カービィ)
  • Dear foolish Kirby of the following by birth

    Nobody is interested in your trivial supplements.
    Nobody can understand writings like your codes.
    Nobody reads them.
    Nobody needs them.
私的意見
  • 周りのフィールドで敵に遭遇すると、背景のグラフィックは雪山だが、マウントスノーの村に重なった状態で敵に遭遇する(口笛を吹けば簡単)と、なぜか背景が緑の野原になっている。
  • 50年かぁ…長いなぁ…。凍りついた人たちにとってはほんの少しの時間なんですよね。…ところで、スープ冷めてるっていう家があったけど…冷めてるどころじゃ済まされないような気が…。
  • ↑凍結の呪いが解け同時に溶けた、なら問題なし。もし呪いで凍っていなかったら見るも無惨な代物になってるでしょうね…
  • 謎の巨大生命体「ヒルデガーン」

    宇宙からやってきた幻魔人。しかしまだ未完成の姿である。
    上半身と下半身に分かれ、その下半身がとある街に突然現れた。
    上半身はタピオンの身体に封じ込められているが、下半身はどういうわけか外に出ている。
    そして、ヒルデガーンが人間の多くいる市街地に現れて、久しぶりの食事を取ろう(吸収)としている。

    人々がヒルデガーンに襲われて逃げている最中、魔導師ホイが呪文らしき言葉を唱えている。
    この呪文は洗脳術であり、全ての人々が何故か同じ場所に集まってしまう集団催眠のようなもの。
    ついでに、この呪文を聞いた人間の性器(男性器・女性器)の機能が壊れてしまう恐ろしい術。
    精巣や卵巣も全て腐ってしまい、性器障害も起こってしまう。

    一般人A「逃げろ! 奴がこっちに来るぞ! あの尻尾に食べられてしまうぞ」
    一般人B「俺見たんだ。あの尻尾から涎だらだらの無数の触手で人の血を吸っているんだ」
    一般人A「冗談じゃない! あんな臭そうな触手に捕まってたまるか!」

    子供「あ! 来たよお兄ちゃん!」
    兄「大丈夫だ! このままじっとしているんだ!」
    子供「でも、尻尾からベロが出てきて僕たちを吸い取ってしまうよ!」
    兄「そうだな、とりあえず逃げよう!」

    子供「お、お兄ちゃん! 身体が動かないよ!」
    兄「あ、何だと! 何故動けないんだ」
    ホイ「無駄だ。呪文でお前たちを動きを封じているからだ」
    兄「だ、誰だ!?」
    ホイ「ヒルデガーンよ! ここの人間どもをじっくり味わえ!
     久しぶりのご飯だぞ。思う存分食べて力を身に着けるのだ!」

    ぺちゃぴちゃぺちゃぴちゃ!
    唾が濡れたような音をしている。どうやら涎を垂らしているようだ。
    久しぶりのエサだから、きっと食事を待っていたのだろう。

    女性「見て! ベロ触手が出てきたわ!」
    男性「くそう、どうして身体が動けないんだよ! このままじゃ俺たち死んでしまう」
    子供「うわぁ! すごく臭い!!」
    男性「こんな臭い触手に殺されてしまうのか!」
    女性「神様、お願いします! どうか私たちをお助けください」

    尻尾が開いた瞬間から、唾が乾いたような異臭がとても強くて、思わず人々は止まってしまった。
    やわらかいベロが身体を締め付けてゆく・・・
    このベロに捕まったとき、あたりは胃液のような腐った臭いが漂った…
    ベロで締め付けられた身体は唾液でびっしょり濡れて、とても唾臭くなってしまった…

    子供「ぐぅぅあっ!!!」
    男性「ぐわぁぁぁぁぁぁーーーっ!!!!!」
    女性「やめでぇ〜〜〜っ!!!!!」
    ホイ「ふははははっ!! もがけ!苦しめ!
     どちみちお前たちの命は明日までだ。せいぜい明日までに念仏を唱えるんだな!
     この星の人間どもは全てヒルデガーンのご馳走になる運命だ!」

    ヒルデガーンの触手が男女の生殖器に突き刺す!
    ヒルデガーンの触手の吸引は止まらない! 人々をことごとく全部吸い取ってしまう!

    女性「ぎゃーーーーーーーっあ!!!!!!」
    男性「ごわぁああああ!!!!!」
    ホイ「たまらん! この悲鳴がなんともぞくぞくしてくれるのう!
     ヒルデガーンよ、そのまま一気に身体ごと飲み干してしまえ!」

    触手が人間の頭蓋骨を貫き、脳みそに突き刺している!
    他にも首にも突き刺している! とても苦しそうだ。
    身体に突き刺した部分に唾で骨や筋肉がとろけてゆく・・・
    唾ベロで人間をじっくり味わいながら血液や養分を吸い取って、
    獲物の身体に唾を付けて、ゆっくり尻尾の中の分泌する唾で溶かしてしまう。
    このベロ触手の唾によって骨も脳みそも残らず溶けてしまう。

    子供「く、くるしいー・・・」
    一般人A「くぁぁぁーーーーーーー!!!!」
    子供「僕たち、どうなっちゃうの・・死にたくないよ〜」
    ホイ「苦しいか? 大丈夫だ。ほんの一瞬だけだぞい。
     お前たちはあの世に行くのではなくヒルデガーンのエネルギーとして働くのだ!」

    ホイ「ほっほっほ、ヒルデガーンの奴、いつもより涎の量が多いのう」
    男性A「たっ、助けてくれぇい!」
    男性B「お、俺はまだ死にたく…ぐうあ!!」
    ホイ「どうだ! ヒルデガーンのベロの触感は?
     やわらかいだろう? ただ唾でぬるぬるしているから気持ちが悪いかもしれんがな」
    女性「おねがい、やめてーーーーーーっ!!!」
    ホイ「ばかめ、やめてと言われて素直にやめるバカがいると思うか? じっくり死ね!」

    男性「おのれ! 死んでたまるか!」
    ホイ「この触手からは絶対に逃げられない!」
    女子大生「ぎゃあーーーーーーっ!!」
    ホイ「ほほう、地球にもこんな若い娘がいるとはのう。わしは若い女の子には優しいんじゃ。
     ヒルデガーンよ、あまり苦しめないようにゆっくり吸い取ってやれ」

    触手が女子大生の頭を貫き、脳みそに刺している。
    女子大生の脳に障害が起き、1歳児くらいの知能にまで下がってしまった…
    そして脳みそが委縮し、身体ごと消化されて死亡。

    ホイ「ゆっくりゆっくり舐めながら溶けていくがいい!」
    男性「もう、俺もとうとう終わりなんだな…せめて結婚してから…」
    ホイ「お前たちみたいなゴミでも、ヒルデガーンの力となるのだ! 光栄に思うがいい!」
    男性「目、目が見えなく…、耳も聞こえなく……」
    ホイ「ヒルデガーンもお遊びが好きだな。
     すぐに吸い取れば苦しまずにエネルギーになったものを、ゆっくり吸い取って却って苦しめている」

    人々をじっくり舐めしゃぶって、その後思いっきりエネルギーを「じゅるじゅる」と吸い取って、
    身体が残らず消化してしまった・・・かなり苦しそうだ
    吸収された人間の魂はヒルデガーンの身体に閉じ込められる。
    この者たちはあの世にも行けず、ヒルデガーンの血・骨・肉、つまりエネルギーとなってしまう。

    ホイ「おいしかったか? この星の人間はどんな味をしているんだ?」(カービィ)
  • Dear foolish Kirby of the following by birth

    Nobody is interested in your trivial supplements.
    Nobody can understand writings like your codes.
    Nobody reads them.
    Nobody needs them.
関連リンク
  • まだ書き込みはありません。
公的データ
私的意見
関連リンク
  • サイト名
  • URL
  • お名前(省略可)
    削除用パスワード Cookieにパスと名前を覚えさせる。
    *公的データと私的意見は、タグ一部OKです。

    この項目の一部を削除する
    辞書を綴じる / 注意事項
    新規項目の登録
    リロード
    管理モード