ドラクエ9攻略情報局
ドラクエ8攻略情報局
ドラクエ攻略情報局
辞書を閉じる / 注意事項
新規項目の登録
リロード

(項目表示方法)
あいうえお順 / 分類別
更新順
検索語はスペースで区切ってください。

(「スターキメラ」に書き足す - モンスター)

スターキメラ(すたーきめら)

項目名スターキメラ
読みすたーきめら
分類モンスター

公的データ
  • DQ1,7に登場、Star chimera。

    (1)モンスター
    DQ1に登場するモンスター。
    メルキド周辺等に出現する鮮やかな桃色のキメラ。キメラ メイジキメラの最上位種。
    ドラゴンに匹敵する能力を持ち、火炎を吐くこともある。ベホイミHPを一気に回復することもあるので、レべルが低いうちはラリホーマホトーンを使ったほうがよいかもしれない。

    キメラ・メイジキメラは以後のシリーズにも登場している常連モンスターであるが、このモンスターはDQ1にしか登場しない。

    英語版Dragon warrior 1での名称は、StarWyvrn。

    【関連】ウルトラキメイラ

    剣神DQではステージ7で一番手の敵として登場。
    通常のキメラと同様に、近距離ではクチバシで攻撃し、遠距離では火の玉を放ってくる。
    近距離ではこいつが攻撃の動作に入ったときがこちらも攻撃のチャンス。隙は小さいので素早く斬りつけたい。
    遠距離に移動するとその直後に3連弾を2〜3連続で放ってくる。これらはうまく斜めに切れば全て弾き返すことができる。なお、これらの間隔は短いので素早く剣を振る必要がある。そして3連弾の次は2連弾が来る。これらも全て弾き返すことができるが、2発目は弾き返しても避けられることがあるので、2発目は無理をせずガードしても良いかもしれない。
    しばらくすると再び近距離に移動してくる。順調にダメージを与えていれば、このあたりで必殺技を出せるはずである。そして奴のHPもかなり減ってきているはずであるが、HPが半分以下になった状態で遠距離に移動すると狂ったように火の玉を乱射してくるので厄介(さらにマホトーンを唱えることもある)。遠距離に移動される前に確実に必殺技を決めて倒したいところである。幸いこいつのHPは低いので、出しやすい必殺Vカッターを決めれば倒せるはずである(奴のHPの減り具合によっては剣の舞でも倒せるかもしれない)。
    倒せずに遠距離に移動されてしまったら前述した通り、火の玉を乱射してくる。弾き返すかガードするかの判断は難しいところであるが、いずれにしろノーダメージというのは難しい。なお、最後の火の玉連射はガードしたほうが良い。
    こいつに勝つだけならそれほど難しくはないのであるが、この後ボスクラスの敵がまだ4体いるのでここでの消耗は最小限に抑えたい。
    なお、倒した後で薬草が手に入るので少しだけHPを回復できる。


    (2)称号
    DQ7でモンスター職キメラの職業レべルが7になるとこの称号が得られる。呪文・特技は習得しない。

    英語版Dragon warrior 7での名称は、HiWyvern(高貴なる飛竜)。(はぐりん)
  • 少年ヤンガスにも登場。輝く息特技を持つ。
    れんごくちょうとデビルロードの配合で作れるが、直接捕まえるほうが楽だろう。
  • 9で再登場。灼熱、激しい炎、べホマラーを使う。宝の地図の自然エリアに登場。(よしき)
私的意見
  • Tの終盤の強敵。フィールドで登場し、攻撃・防御ともに優れていたので、影の騎士とともに最も印象に残っています。(パグ)
  • DQ3にも登場させてほしかったなあと思う。(ヒマちゃん。)
  • 「モンスター物語」によると、キメラとメイジキメラの弱点である、蛇の習性が残っていて単独行動ばかりするために部隊を結成して統率できないという弱点の解決策として生まれたらしい。
    キメラの製作者であるゾーマ配下の悪魔神官ドルバが、キメラの弱点のせいでキメラの部隊を結成できずに怒ったゾーマに「期限以内に対策を取れなければ死刑」と宣告され、他の魔物との合成を色々試すも、蛇の習性は粘り強くてどうしても消えず、修行を積んだ神官族なら蛇の習性にも勝てると考えたドルバは、処刑されるよりはと自らがキメラ化してキメラ達のリーダーとなった。そしてゾーマにスターキメラの名を与えられるも、スターキメラはキメラ達を連れてどこかへ飛び去ってしまった。
  • Tでは最も手ごわい魔物の一種。XやYで登場して仲間にできたらよかったのに。
関連リンク
  • まだ書き込みはありません。
公的データ
私的意見
関連リンク
  • サイト名
  • URL
  • お名前(省略可)
    削除用パスワード Cookieにパスと名前を覚えさせる。
    *公的データと私的意見は、タグ一部OKです。

    この項目の一部を削除する
    辞書を綴じる / 注意事項
    新規項目の登録
    リロード
    管理モード