ドラクエ9攻略情報局
ドラクエ8攻略情報局
ドラクエ攻略情報局
辞書を閉じる / 注意事項
新規項目の登録
リロード

(項目表示方法)
あいうえお順 / 分類別
更新順
検索語はスペースで区切ってください。

(ジゴスパーク - その他)

ジゴスパーク(じごすぱーく)

項目名ジゴスパーク
読みじごすぱーく
分類その他

公的データ
  • DQ6〜8に登場する特技
    地獄から超強力な雷を呼び出し、敵全体に大ダメージを与える。
    攻撃属性はデイン系であるが、DQ6,7ではこの特技のダメージの算出方法(というか判定方法)が特殊である。
    DQ5以降、ダメージ呪文(特技)耐性は、0(耐性無し)・1(耐性あり)・2(強い耐性あり)・3(完全耐性)の4段階となり各系統ごとに設定されている。耐性0の場合は呪文特技の威力がそのままダメージとなり、耐性3の場合は常にノーダメージとなる。
    耐性1と2の場合、それぞれにある定数(それぞれR1,R2とする)が設定されており、特技呪文の威力にその定数を乗じた値がダメージとなる。なお、この定数は作品ごとに変化し、さらに特技ごとに異なる場合もある。ただ、当然のことながら、0<R2<R1<1である。
    しかしながら、DQ6,7におけるこの特技の場合、R1,R2は特技の命中率(命中判定は個体ごとに行う)となり、はずれればノーダメージとなる。そのかわり命中した場合は100%のダメージを与える(要するに、ダメージ期待値は基本的に通常の特技と同じであるがオールオアナッシングであり、ギャンブル性が強い特技なのである)。
    ちなみに、DQ7におけるこの特技のR1,R2は、R1=0.7、R2=0.4であり、これはDQ7の全ての呪文と一部の特技と同じ値である(私がDQ7の呪文特技データで「魔法耐性影響:大」と書いた物。ちなみに、「魔法影響耐性:小」の場合、R1=0.8(正確には多分204/256=0.796875)、R2=0.5である)。
    DQ8では[の主人公ククールが習得可能。主人公の場合は槍技で槍を極めると習得、ククールの場合は剣技で剣を極めると習得する(当然該当武器の装備が使用時の必須条件となる)。
    DQ6,7と違い、オールオアナッシングの判定ではなく、通常と同じダメージ算出方法である。なお、定数はR1=0.85、R2=0.5であり、R1が通常の呪文特技のR1=0.75よりも大きいので有利である(ちなみに、R2は通常の呪文特技と同じである)。

    アメリカ版での名称は、DQ6:GigaSpark(巨大火花)/DQ7:HellBlast(地獄の突風・爆発:カタカナでヘルブラストと書いたほうがしっくりくるような気がする)。

    剣神DQでは訓練場で習得可能な必殺技の一種。
    出し方は、最初の玉を真下に斬り下げ、2番目の玉を真上に斬り下げ、3番目の玉を真下に切り下げる。そして、4番目の玉には手を出さずに、最後の玉の時に剣の平らな面を向けて上に動かすと発動する(下・上・下・無・防御上)。
    ギガスラッシュを上回る威力を持つが、最後の玉の時の剣の動かし方が難しい。

    <データ(DQ7)>
    種類:ダメージ系特技、範囲:敵全体、威力:250(210〜290)、消費MP:25、攻撃属性:デイン系、魔法耐性影響:大(特殊:詳細は本文を参照)

    <データ(DQ8)>
    種類:ダメージ系特技、範囲:敵全体、威力:206(191〜221)、消費MP:25、攻撃属性:デイン系(はぐりん)
  • PS版DQ4でピサロも使う。
  • 敵で使えるのは7の神さまと8の人型の竜神王という超大ボスしかいない。
  • DQM2では、思いつきで、稲妻とギガデインを覚えさせていれば覚える。
  • DQ6でテリーが「あそび」の第8段階(=遊び人をマスター)で習得する「デュランに教えてもらったあそび」でも発動。この場合はMPを消費しない。
  • ↑↑↑ジゴスパークという名前はついていないが、8で地獄の鎧がこれに似た技(地を走るいかずち)で攻撃してくる。(ヤンガスの弟分)
  • priligy overnight shipping >:[[ affordable auto insurance =PPP ordering cialis online cnhpbm (Valjean)
  • 5上さん10ー2ではべリアルも使います(カービィ)
私的意見
  • DQ8ではなぜ,主人公だけでなくククールも覚えるのか・・・。(飛竜)
  • 竜神王ジゴスパークはかっこいい。(青バラ)
  • ちなみに、ジゴというのはGigaのより正確な(英語的な)発音らしい。「地獄のスパーク」でジゴスパーク、と思っている人も多いのでは?
  • ↑そりゃぁ、仕方ないんじゃない?
    DQZも[も、地獄の淵から雷を呼び出している設定だから・・・
    そもそも、英語表記ではどうなっているのだろうか?
    こうゆう事は当方より、はぐりんさんの得意とする分野だからなぁ。
    直に結論が言えないところが、なんとも歯痒い。(囚人老兵)
  • DQ6,7でも、DQ8でも、かなり変則的な性質を持つ特技です。解析がやりにくくてかなわん(笑)。
    手持ちの英和辞書によるとGigaの発音は2通りあり、「ジガ」または「ギガ」のようです。読みようによっては「ジゴ」と聞こえる場合もありうると思います。
    ただ、アメリカ版DQ7での名称がヘルブラストであることを考えると「地獄のスパーク」でジゴスパークで合っていると思います。
    それにしても、ギガスラッシュともどもDQ8で威力が落ちているのは不満です。(はぐりん)
  • 地獄のいかずちだからジゴ(く)スパークと
    思っていました。(笑) 
    個人的にかなり好きな「必殺技」です。
    テンションを上げて使うと
    雑魚ならほぼ一掃できるので爽快です。(キラちゃん親衛隊)
  • これや、シャイニングボウ、グランドクロスを覚えているククールをAIで動かすと「命大事に」でも使いまくります。ククは消費MPが多い特技を使いたがる傾向があるのかも。
    嗚呼、クリフトAIの恐怖が蘇る…。(りゅりゅ)
  • この技は主人公専用にして、ククール剣スキル100で覚えるのを別の技にして欲しかったな〜…。
  • じゅもんつかうな」以外のAI命令だと、ククールはぼんぼん打ちます。もう容赦なしです。MP消費が大きいのはまだいい、ただエフェクトがすこぶる長いんだからザコ敵で使うの勘弁してくれ・・・(ごんた)
  • 「少年ヤンガスと不思議のダンジョン」ではインヘーラが使う呪文。壷の目からジコスパークを放つ。ダメージは約50。2マスまで届く(ゲンマラ)
  • 発音のジゴと地獄の雷と、どちらかが正しい間違っているではなく、両方の意味をかけて名付けられた可能性も十分にアリ。
    ちなみに土門氏の小説版DQ7では獄雷閃と漢字表記され、ガボとマリベルが使用。
  • 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に「ジゴワット」という架空の電力単位が出てくる。「ギガワット」とするべき所を製作側のミスで「ジゴワット」となっただけだが、妙に耳に残るので覚えてる人も多いはず。これが由来なら「ギガデイン」≒「ジゴデイン」だけど、地獄から呼び出した分「ギガデイン」より「ジゴデイン」とか「ジゴスパーク」のほうが強いのだろうか(笑) 「ジゴ」は単に「ギガ」の英語読みと説明する人は多いけど、それだと「ジゴ」の方が上位になる理由がない。同じ単位だし。(ピエール2世)
  • 地獄のスパークで、ジゴスパークというのはいかにもドラクエ的ネーミングセンスだと思った。ギガだったとは・・・。(パグ)
  • DQ9ではエルシオン卿の不良生徒への怒りから生まれた奥義、ということになっている
    え、えぇ〜(汗
  • じごくのいかづちをよびだした
    なんだから間違いなく地獄とかけたダブルミーニングでしょ(このみひとし)
関連リンク
  • まだ書き込みはありません。
この項目に書き込む / アンケートに投票!! / この項目の一部を削除する



辞書を綴じる / 注意事項
新規項目の登録
リロード
管理モード