ドラクエ9攻略情報局
ドラクエ8攻略情報局
ドラクエ攻略情報局
辞書を閉じる / 注意事項
新規項目の登録
リロード

(項目表示方法)
あいうえお順 / 分類別
更新順
検索語はスペースで区切ってください。

(イブール - モンスター)

イブール(いぶーる)

項目名イブール
読みいぶーる
分類モンスター

質問:イブールって……(回答者:361人)
ポッと出てきた光の教団の指導者
186
強敵だった
171
……誰?
4

公的データ
  • 5に登場。光の教団の指導者。
    魔王ミルドラースを奉じ、多くの献金と奴隷によって大神殿を建造した。
  • 小説版での扱いは以下(ネタバレ)。

    元・エルヘブンの民であり、マーサを愛した男。世界の成り立ちに詳しいがゆえに、天空の塔に登り、天空城と竜の神がいないことを確認し、“喪神者”となる。このままでは遠からず魔物たちの世になると感じた彼は、魔物と人とを分け隔てなく扱うマーサと共に魔界に同盟を申し入れるつもりであったが、さらに踏み込んで真実に近づいてたマーサはそれを受け入れず、懊悩することとなる。彼が「竜の神は眠っていただけなのだ」と気づいた頃には既に遅く、魔物と化してしまっていた。
    命の指輪を大切に持っていたあたりがもの悲しい。
  • 輝く息マホカンタ痛恨の一撃、イオナズン、凍てつく波動などを使用する。また、防御してくることもある。大防御などはDQ6のボスも使用してきたが、中ボスのくせに単なる防御なんかをするあたりが彼の印象を更に悪化させている。ちなみにグラフックは同種がなく、着飾った直立のワニといった感じ・・・やっぱり迫力がないか。
  • 彼のマホカンタのみ何故か他の敵とアニメーションが違い目から光が出て来る。
  • SFC版ではミルドラースの次に大きな地位であったが、リメイク版ではただ人間を集める役目だけの教祖として選ばれた捨て石のような扱い。用済みになった後に部下のゲマによって始末された。(あんばー)
  • ●リメイク版5

    ★行動パターン
     1:輝く息マホカンタからランダム
     2:痛恨の一撃(105固定ダメージ)・防御からランダム
     3:凍てつく波動イオナズンからランダム
    1→2→3のローテーション
    ※完全1回行動
    マホカンタがかかっている時は、マホカンタを使用しない
    ※補助効果がかかっていないと、凍てつく波動を使用しない
    ※味方側の3割のキャラクターにマホカンタがかかっている時は、イオナズンを使用しない

    これを逆手に取り、マホカンタを使用したらこれを解除し、味方側にフバーハをかけて相手の足止めをする手段も有用。
    若しくは、輝く息やイオナズンの周期には、イオやヒャドに耐性を持つ仲間モンスターで受けるのも良い。
私的意見
  • 憎むべき敵なのだが、ゲマに比べて……というかミルドラースに比べても印象が弱く、さほど名前が広まっていないせいか、「ふーん。これが教団の指導者だったのか」という程度の印象となってしまう。
  • 小説版の長口舌を読みながら、世界各地から人をさらって過酷な奴隷労働に従事させ、グロスどころじゃない死者を出し、挙句世界を危機に晒した事の重大性に比べるならば、てめーにとっては高邁な宗教談義なんぞどーでもいいわぁ! といたく立腹していた記憶が蘇ります。(黒騎士)
  • なんか爬虫類ぽいな。(ミッキー)
  • 小説版では宗教談義ではなかったかと。それに彼、ゲマたちに逆らえないでいたみたいですしね。
  • ゲマにとどめを刺されてしまった、ある意味哀れなモンスターでしょう。(アレル)
  • 一応、凍てつく波動を使ってくるが弱いのであまり意味は無い。
  • おや、小説版はかなり優遇されてるなぁ…(未読なので知らなかった)。
  • ↑とどめを刺したのはティミー男の子)。リュカ達の連携攻撃を薙ぎ払ったものの一番小さいピエールの剣だけはイブールに届いてます。
    ピエールが昔マーサと一緒にいたスライムなのに気付いて「あのちっぽけなスライムが、マーサの為にこんなに強くなったというのか…?」と呆然としてる間にティミーの一撃を受けて絶命。
  • SFC版では完全ローテ、PS2版でも不完全ローテ、さらにゲマブオーンは2回行動できるのに対しコイツは完全1回行動なところが小物さを感じさせる要因になっている。(ゴレ蒸す)
  • とても印象に残りづらい敵
    この方やラマダの表舞台での布教活動等の場面が欲しいところです。
  • 神殿の建設現場にはイブールの姿がなかった。どこにいたのだるか?
  • ゲマをフリーザとすると、コイツはフリーザの親父のコルド大王とポジションが被る。ポッと出なところとか、一応ゲマ(フリーザ)より立場は上だけど明らかに弱いところとか、大した活躍もせずにヘタレ感バツグンなところとか、結構共通点があるように感じる。
  • 初見時は威厳どころか愛嬌すら感じたのを今でも覚えている。戦闘前に馬車を呼んでも大神殿内では馬車内のキャラの道具&呪文が普通に使えるためあんまり嬉しさを感じない…
    偶然の「不遇」なのか?開発陣の「冷遇」なのか?
    イブールの本」は記憶に残りやすいのになぁ〜(紅スライム改め ターニアの兄)
  • 酷い言われようだが、僕はこいつが強く感じた。
    輝く息イオナズンは強力だし、凍てつく波動で呪文の効果は消されるから。
    ただ防御はいらないと思った。(よしき)
  • 強制的に人間パーティにされた大神殿で、男の子のMPが0になってしまったのもあって、こいつとの戦闘はつらいものがありました。全然弱くないですよ、本当に。それに、そんなに影が薄いような印象はないんだけどなあ、私は。いつも大神殿に行く前にセーブデータが消え、こいつと戦うことができず悔しい思いばかりして、奴隷時代の恨みと犠牲になった人たちのカタキをうちたい一心でこいつを倒したいとずっと考えていたからでしょうかね?(K5)
  • ゲマとの仲は悪いようである
  • なんで杖ごときで会心が出るんだよ・・・
  • リメイク版でゲマに止めを刺されたときの断末魔は「ぎょえ〜〜〜〜」。どこぞの皇帝陛下の叫びが聞こえてくるのは気のせいか
  • マホカンタ、防御は無駄な動き。凍える吹雪凍てつく波動をやられる度にフバーハをかければいい、イオナズンベホマラーを使える息子にマホキテをかけておけばいい。痛恨の一撃も105の固定ダメージなので、体力を維持していれば余り苦戦はしないです。馬車の面々を呼び出したり、魔界への門を開いてやろう等と、妙に親切です、が・・・・。(最弱がいこつ)
  • 凍える吹雪輝く息でした。(最弱がいこつ)
  • 相手がローテーション行動なのに気付けるかどうかで印象が全く異なってくるボス。気付いてしまうと入れ替えを使って、イオナズン輝く息を少人数に受けさせたり耐性持ちに受けさせたり出来るのですごく弱くなる。逆に気付けないと回復が追いつかなくなったりする。まあ相手が防御するので何とかなるが。
  • 通常攻撃が確実に痛恨になる?
  • 2回行動があればそなりに強かったと思う
関連リンク
  • まだ書き込みはありません。
この項目に書き込む / アンケートに投票!! / この項目の一部を削除する



辞書を綴じる / 注意事項
新規項目の登録
リロード
管理モード