ドラクエ9攻略情報局
ドラクエ8攻略情報局
ドラクエ攻略情報局
辞書を閉じる / 注意事項
新規項目の登録
リロード

(項目表示方法)
あいうえお順 / 分類別
更新順
検索語はスペースで区切ってください。

(マホカンタ - その他)

マホカンタ(まほかんた)

項目名マホカンタ
読みまほかんた
分類その他

公的データ
  • 3から登場した呪文反射の呪文
    3・4では効果範囲が使用者本人だったが、5以降(?)は自分以外の者にも掛けられるようになった。
    意外と知られていないが、マホカンタが掛かっている者は自分を呪文で回復したり、自分にバイキルトやフバーハ等の補助呪文を掛ける事ができる(跳ね返らない)。
    4に出てきたマホステも同様で、掛かっている本人が自分に回復・補助呪文を掛ける事ができる。(サナカン)
  • FF2のウォール、FF3以降のリフレクに相当する呪文。ただし、以下のように跳ね返す対象が異なる。
    マホカンタ:唱えてきた相手に跳ね返す。
    ・リフレク:対象(リフレクがかかっているキャラクター)の敵サイドの誰かに跳ね返す。
    当初はマホテスマという名前になるはずであったが、スタッフがこの呪文を「魔法カウンター」と呼んだことにより、魔法カウンター → マホカンタ になったと言われている。

    アメリカ版Dragon quest(warrior)6,7での名称は、Bounce(跳ね返り)。

    <データ(DQ5〜8)>
    種類:その他系呪文、範囲:本人、威力:呪文反射、消費MP:4

    【関連】マホターン
    【関連】ミラーアーマー(はぐりん)
  • ドラクエ9では効果範囲は使用者本人。ただし、跳ね返すのが敵の呪文のみとなっている。そのため、補助呪文や回復呪文を普通に使えるので、非常に強力である。(K5)
  • またドラクエ9では敵が使うマダンテを跳ね返すことは出来ないので注意。(グレイナルおじさん)
  • 8も使用範囲は自分自身のみ。(ヤンガスの弟分)
私的意見
  • マホカンタが掛かっていると回復は自分の回復呪文かアイテム頼みになってしまうため、使用の際には注意が必要です。
    天空の盾を道具として使うとマホカンタの効果があったり、勇者は回復呪文が使えたりするので、勇者と相性の良い呪文だと思います。
    名前の由来はやっぱり『魔法カウンター』かな?(サナカン)
  • ちなみにマホカンタが掛かっているキャラが、ベホマラースクルト等の仲間全体に掛かる呪文を使った場合は、問題無く全体に掛ける事ができます。
    例外でフバーハだけは仲間全員がマホカンタ状態でも全体に掛かります(マホカンタを貫通します)。(サナカン)
  • マホカンタ呪文を相手に向かって正確に跳ね返すため、デルタアタック(笑)を仕掛けることはできず、基本的にマホカンタがかかっているキャラクターに呪文でダメージ等を与えることはできません。
    自分に向かって唱えた呪文を跳ね返さないので、リフレクよりは使い勝手が良いと思います。(はぐりん)
  • メドローアさえ跳ね返す最強の呪文です
  • 対呪われしゼシカ戦で大活躍…のハズ(呪われしゼシカの呪文は強烈です)
  • ゼシカ戦ではホントお世話になった…。これがなかったらどうなってたか…。
  • メラゾーマイオナズンギガデインといった超強力攻撃呪文の天敵。しかし凍てつく波動であっさり解除される。
  • 自分も敵もマホカンタかけてたら呪文がキャッチボールみたいになる・・・なら面白いのに。永遠に終わらないけど。(ヤンガスの弟分)
  • 状況判断能力の高い敵はこの呪文を認識し、行動パターンを変えてくる。敵によってはマホカンタがかかっているキャラに対し呪文を使用しなくなる。中には一人だけマホカンタ状態でも全体攻撃呪文を使わなくなるケースもある。強力だが味方からの物も跳ね返すという制約がやや厳しいので、使い方をしっかりと考える必要がある。
  • 名前の由来は「魔法カウンター」でしょうか?
関連リンク
  • まだ書き込みはありません。
この項目に書き込む / アンケートに投票!! / この項目の一部を削除する



辞書を綴じる / 注意事項
新規項目の登録
リロード
管理モード