ドラクエ9攻略情報局
ドラクエ8攻略情報局
ドラクエ攻略情報局
辞書を閉じる / 注意事項
新規項目の登録
リロード

(項目表示方法)
あいうえお順 / 分類別
更新順
検索語はスペースで区切ってください。

(「ペペ」の一部削除 - 人名・キャラ)

ペペ(ぺぺ)

項目名ペペ
読みぺぺ
分類人名・キャラ

公的データ
  • DQ7に登場する人物。
    ボルックのハーブ園の庭師で、リンダに想いを寄せていたがリンダイワンと婚約しており、その想いを言い出せずにいた。
    しかしグリンフレーク灰色の雨が降った時はリンダを庇い、石から戻った後も身体が動かなくなくってしまうが主人公たちが持ってきたパミラの秘薬で事なきを得る。
    しかしリンダイワンの結婚が確定し、ぺぺは単身グリンフレークを出て行く。
    それから何年もの後、ギュイオンヌ修道院の麓にメモリアリーフと呼ばれるハーブ園を作り、彼の努力と働きが実ってそこは衰退したグリンフレークに代わりハーブの産地として有名になる。
    ちなみに、リンダという名の少女を後年養女にした。(M1号)
私的意見
  • 私はむしろ彼はリンダによってグリンフレークを追い出された被害者だと思いますね。結果的にはそれが彼が大成するきっかけとなり、例の4人の中で最終的には彼一人が勝ち組になっていますけど(ただし、(おそらく)生涯独身だったので子孫を残せなかった)。
    借金踏み倒し&婚約者裏切り未遂のリンダ、凡庸(無能?)なくせに大きなことをやろうとして結局家を潰したイワン、夫毒殺未遂のカヤ 、いずれも彼ら自身の意思で実行したことであり、彼らが不幸になったのは自業自得・因果応報。ぺぺに責任を求めるのは筋違いと思います。(はぐりん)
  • ↑確かに。婚約発表までしておきながらペペに駆け落ちを迫るリンダの方がどうよ、と思いますね。家族も巻き添えで街に居辛くなりますし…
    後年のリンダに対する気持ちも罪悪感の方が勝ってたのかも。結局、リンダペペを想う位にはペペのリンダへの想いは強くなかったのでは。
  • なるほど…そういう話だったのか。なんかよく分からずやっていた自分が悲しい…。さらにぺぺと聞いて真っ先にローションを思い浮かべる自分が悲しい…(改札)
  • 生涯独身で過ごしたのは、女の怖さを思い知らされたからか。ある意味不幸な男です。
  • ↑2私は「穂積ぺぺ」さんを連想してしまう。実写版丸でダメ夫のダメ夫を演じた俳優さん(紅スライム)
関連リンク
  • まだ書き込みはありません。
削除用パスワード
この項目に書き込む・アンケートに投票
辞書を綴じる / 注意事項
新規項目の登録
リロード
管理モード