«前の日記(2005年03月10日) 最新 次の日記(2005年03月31日)» 編集

混沌の庭研究所

1998|06|07|08|09|10|11|12|
1999|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|05|06|07|08|10|11|12|
2011|01|03|09|
2012|02|03|
2013|05|12|

2005年03月11日 金曜日 [長年日記]

_ [購入] 今日の買い物

今日は一日雨。花粉が飛ばないのは結構なことでございます。しかし、体の方は昨日のバレーボールのせいで足の筋肉がビキビキです。階段の、特に下りに支障をきたしまくり。なんか、体が横向いてしまいますヨ。でもまあ、翌日に筋肉痛が出るうちはまだ若いのだってことで。

さて、今日は先日買い忘れていた「マルタ・サギー」を回収。電撃文庫と比べると富士見ミステリー文庫の紙は薄いのをさっ引いても、富士見ミステリー文庫の本って薄いよなぁ。

_ [読了] マルタ・サギーは探偵ですか? 2 冬のダンス

「わたくし、カード戦争委員会から参りました。――マルタ・サギーのフォローをするために」
 シェリー・オーウェンは微笑んでそう告げた。
 異世界・オスタスで、名探偵事務所を営む“完璧な探偵にして全く探偵でない”マルタ・サギー。あらゆる世界の法則を捻じ曲げる“名探偵”のカード使いである彼は、カード戦争から逃れられない。
 カード戦争は、誰が何のために始めたのか?
 世界の神秘に通じるその謎を巡って、ドクトル・バーチが属するフィランシェ教室もまた、動き出す。それはマルタの助手・リッツの過去へと続く、ある人物の登場をも意味していた――。
 全てを受け止め、マルタは笑う。
「負い目があるとわかっているなら、それを打ち消さなくちゃいけない。僕だって、それくらいのことは解るようになったんだよ」
 新感覚カードバトル・ミステリー、新展開突入!

マルタ・サギーは探偵ですか? 2 冬のダンス/野梨原花南/富士見ミステリー文庫 表紙裏より]

「マルタ・サギーは探偵ですか?」長編第二巻です。マルタの気配り上手なところとか、要所要所でキメるところ、かっこいいなぁ。ドクトル・バーチは、今回刺されて毒くらったり、いいように動かされたりであまりいいところありませんでしたな。でも、相変わらずのストーキングっぷりはやっぱりステキ(笑)。で、今回からいよいよマルタもカード戦争に巻き込まれていくっぽいのですが……あー……ずっと名探偵のカードで謎解きしかやってなかったから、カード戦争のことなんてすっかり忘れてましたヨ。おまけに、リッツ君が事務所に来た経緯なんかもすっぱり忘れてます。気になって1巻をさらっと見返してみたら、そもそもリッツ君出てないし。……短編の方だったか。こっちの記憶が薄れない程度のペースで続きを書いてくれると嬉しいなぁ。