«前の日記(2000年06月17日) 最新 次の日記(2000年06月19日)» 編集

混沌の庭研究所

1998|06|07|08|09|10|11|12|
1999|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|06|07|08|09|10|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|05|06|07|08|10|11|12|
2011|01|03|09|
2012|02|03|
2013|05|12|

2000年06月18日 日曜日 [長年日記]

_ [読了] 猫の地球儀/秋山瑞人

いやもぉ、「とにかく読め!」ってことで。幽と焔のスパイラルダイブのシーンなんて、むちゃくちゃかっこいいっすよ。あかりハウス在中のクリスマスはラブリーだし、ダウジングする震電は微笑ましいし。ちなみにどんな話かっていうと・・・舞台は地球を周回するスペースコロニー・トルク、時代は現代からひょっとすると千年くらい未来。地球に行くことを夢見る37代目スカイウォーカー幽(かすか)と最強を求めるスパイラルダイバー焔(ほむら)の友情と闘いの物語・・・です。エピローグのクリスマスが地球を見つめるシーンは、じーんときてしまいますな。まあ、その前から結構きてるんですが。それにしても、この人は文章上手いですのぉ。後書きにあった40番台スカイウォーカーの話が出たら、是非とも読みたいです。

あぁ、そうそう・・・登場人物はロボット以外は全員ですのであしからず(笑)。