«前の日(10-07) 最新 次の日(10-09)» 追記

混沌の庭研究所


1998年10月08日 水曜日

_ [Web] 1998年10月08日の日記

というわけで、主要ページには正しいHTML文法に従った修正を施しました。深い階層のファイルは手つかずですけどね。ついでにLynx(テキストベースのブラウザで、テキストしか表示しません)でもそこそこ見れるようなページに改修。でも、見た目は全然変わってないの(^-^;

それにしても、いろいろ勘違いしてたなぁ。<p>ってのは改行2つじゃなくて、<p>〜</p>で段落を表すってのは、その最たるものですね。あとは、テーブルをページの中央に持ってくるためにテーブルを<center>〜</center>で挟んでたりとか(^-^; それにしても、スタイルシートってのはさっぱりわからんよ。でも、その時に備えて論理的な構造のページを作るようにしたいものですわ。


2000年10月08日 日曜日

_ [購入] 今日の買い物

  • 【Comic】天地無用!魎皇鬼 第12巻/奥田ひとし/角川書店
  • 【Book】ザ・サードV 惑いの空の凶天使/星野亮/富士見ファンタジア文庫
  • 【Book】CHARACTERS 10 KNIGHT FLAGS/永野護/TOYS PRESS

朝8時過ぎまでプリズム・ハートやってたので目が覚めるとすでに3時。今日はHAND MAID メイのDVDを予約しに行かないといかんので、八王子へ。うう、このためだけに交通費800円は泣ける。今日はそごうの中のCD屋へ行ってみる。・・・・・・どうやらそもそもメイDVDは入荷すらしないらしい。そんなわけで、届くのは発売日から1〜2日後になるそうな。ま、町田まで予約しに行くはめにならんでよかったかね。その後、せっかくなので本屋をふらふら。すると、うっかりナイトフラグスなんぞ見つけてしまったり。しかたないのでゲット。それにしても、段ボール箱入りででかくて重いぜ。家を出たのが遅かったので、他にはどこにも行かずに帰還。

家に帰ってナイトフラグスを開封してみると、表紙にかなり目立つひっかき傷が! ・・・・・・くすん、高額商品なんだから商品管理にはもっと気を配ってください(涙)。ちなみに内容はかなり気に入りましたわ。MHはやっぱりステキ〜。

_ [ゲーム] プリズム・ハート プリンセアエンド

朝の続き。もはや戦闘用パラメーターはMAXで、怖いものなし。でも、シナリオの都合で11月までキザーロフには勝てないんですけどね。騎士道修行で残りの2つも一生懸命上げて、最終的には全パラメーターをMAXに。そんなわけで、特に問題もなくエンディングへ。んー、話が進むにつれてプリンセアがどんどん可愛らしくなっていくのが見てて楽しかったです。イベントの起こり具合もいい感じに散らばってるし、なかなか良い出来でした。育成がえらく簡単とか、戦闘結果もパラメーターだけで決まってしまうとか、そのあたり一ひねり欲しいかとも思ったけど、難しすぎて困るかもしれん。でも、占いおばばのおかげで攻略はまず失敗せんであろう(笑)。しかし、メインヒロインを早々にクリアしちゃったので、なんだかおなか一杯な感じでさらにやる気力がなくなってしまったり(笑)。


2001年10月08日 月曜日

_ [日常] 今日は体育の日だけど実験

昼過ぎまでぐーすか寝てたけど、夕方になってちと実験してこようと雨の中大学へ。ようやく、なにがしかの意味がありそうなデータが出てきたので一安心なりよ。もちっと頑張って、まだ発現できてないサンプルもなんとか間に合わせたいなぁ。

_ [Mozilla] Mozilla用コンテキストメニュー拡張

Mozilla用コンテキストメニュー拡張に「Cancel Physical Styles」という機能が装備されました。実はこういう機能がとても欲しかったのです。僕が欲しかったのは単にテーブルの幅固定を解除するってだけのモノだったんですが。なんで俺がページに合わせてブラウザのウインドウ幅変更してやらなあかんねん!って人間なもんで。自力でなんとかできないかとJavaScriptでDOMを操作してなんちゃらってのを調べてたんですが、そもそもJavaScriptの素養すらないのでどうにもならんかったのデス。ああ、うれし。

ところでMozillaの最近のnightlyってふとしたはずみに画像読み込み直すんでなんだかうっとおしい。つか、うちのトップにあるカウンターが何度リロードしても読み直しで変な絵になるし! それからページソース見ようとすると停止するのはなんでじゃー! まあ、nightlyだししかたないんだろうな。早く0.9.5が出て欲しい。

_ [Mac][ソフトウェア] Mac OS X用周期律表

Woodenshipsで知ったStimpSoftSmell-O-Mintsという周期律表がすげぇイカス! うわぁ、眺めてるだけで楽しいなこりゃ。


2002年10月08日 火曜日

_ [アニメ] キディ・グレイドとヒートガイJはかぶりまくり

……わざわざ同じ時間にぶつけ合ってただでさえ少ないパイを食い合うことはないと思うんだが、ひょっとしてかぶった方がDVDの売り上げが上がったりするんだろうか? まあ、ビデオデッキが3台あるのでいくらかぶろうが問題ありませんがな。今のところ「キディ・グレイド」はRD-X1で録画、「ヒートガイJ」はS-VHS標準で録画して後からRD-X1にダビングって形にしてますが、「ヒートガイJ」はなんだかDVDで買いたくなってきてますヨ。今日が第一話の「キディ・グレイド」は……あれはあれで楽しいので良いと思います。随所で頬赤らめなリュミエールが出てるだけでもぉ、僕はおっけーです(ぉ

本日の体重は……83.0kgなり。


2003年10月08日 水曜日

_ [読了] バッカーノ! 1932 Drug & The Dominos

第9回電撃ゲーム小説大賞〈金賞〉受賞の「バッカーノ!」シリーズ第3弾。
 錬金術師ベグは自らが作り出した麻薬が人間を最高の世界に導くと信じていた。
 麻薬中毒者ロイは薬漬けの生活から抜け出そうと葛藤していた。
 ルノラータファミリーの幹部グスターヴォは失敗続きのビジネスに苛立っていた。
 ガンドールファミリーの幹部ラックはこれから激化するであろう抗争の予感を抱いていた。
 少女イヴは亡き者にされた兄の仇を討つ決意を胸に秘めていた。
 それぞれの生き様が交錯する時、運命はドミノ倒しのように連鎖し、そして――。

バッカーノ! 1932 Drug & The Dominos/成田良悟/電撃文庫 表紙裏より]

1932とあるから前巻より後の話かと思ったら、始まった時点では1巻よりも前の話だったのにはびっくりだ。そして中盤あたりに来てようやく1931の冒頭シーンへ。いろいろなところで1931とリンクしているので、3ヶ月連続刊行は正解ですな。今回もまた登場人物がぞろぞろ大挙して出てくるのだけど、不思議と誰が誰だかわからなくなったりはしないよなぁ。今回はクレアがルノラータファミリーを殺しまくるのかと思いきや、そっちはあっさり片が付いてしまって拍子抜け。作中で本人も言っていたけど、前巻の方がよっぽど運動量ありましたな(笑)。代わりに今回はキースが格好良かったです。「生き様を、嘲るな」……ステキですね。そして今回もまたスバラシイ誤字が一杯で。強調の傍点が「い」に化けてたのにはもうどうしようかと。……ってーか、これはもうどう考えてもネタで誤字入れてるとしか思えないんだが。何をどうやったらあんなもんが混じり込むんだ(笑)。


2004年10月08日 金曜日

_ [読了] GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―

険しい山々に囲まれた聖マルグリット学園。その広大な敷地の奥の奥に、迷路庭園をくぐりぬけた者だけがたどりつく小さな家がある。その童話の世界のような場所で囚われの妖精――少女・ヴィクトリカは寂しく、想いをめぐらしていた。まだ見ぬ書物について。世界の混沌について。そして、とある少年のことについて。
 日本からの留学生・久城一弥は、風邪を引いたヴィクトリカをおいて、ソヴュール王国の首都ソヴレムを訪れる。姉、アヴリル、セシルのお使い――〈青い薔薇〉という宝石を手に入れるために。巨大な高級デパート〈ジャンタン〉で買い物をする彼は、闇の奥に光る人形の瞳を目撃する。
 動き出すマネキン。消える人々。そして、闇の中に蠢く謎。ヴィクトリカの知恵の泉の手助けなしに独り一弥は謎に挑むが……。
 絶好調ゴシック・ミステリー第三弾!

GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―/桜庭一樹/富士見ミステリー文庫 表紙裏より]

久城に着物貰って鼻歌ヴィクトリカとか着物に頬ずりヴィクトリカとか着付けできなくて寝乱れヴィクトリカとかおなか冷やして風邪引きヴィクトリカとかっ! ああ、もう、もう! あとは最後のアブリルもめっさ可愛かったなー。ところで口絵の最後のお買い物絵はひっじょーに萌えますが、本編とは全然関係ないよな(笑)。今回、謎のヘアスタイルの理由が判明したグレヴィール、ちょっとだけ株が上がりましたね。……あんなに律儀なヤツだったとは正直思わなかったヨ。