●特殊ルールについて


特殊ルールは任意で司会者が指定する特別なルールです。
特に明言がなければこのルールは使用しません。
主に難易度調節や時間調節の為のルールだと思ってください。


【多人部屋】  三人以上の部屋が主流となるルール。
 部屋割りにおいて二人一組ではなく、三人や四人での一組をベースとするやり方です。参加人数が9名を超えた場合3人部屋、16名を超えた場合4人部屋が適用されることが多いです。
 サイコロor司会者の決めた一人が一人を指定し、指定された人がもう一人を選んで〜の流れで部屋を作ります。

 端数が出た場合の部屋人数は司会者裁量で決定します(基本的に最初の時点で宣言)
【勝利変更】  人狼陣営の勝利条件が変わります。
 人狼陣営の勝利を「村人陣営の全滅」から「生存人狼数≧生存村人数+人狼側人間」に変更します。人狼の人数にもよりますが少し人狼側が有利になるルールです。
【日数制限無】  日数制限がないルールです。
 狼救済ルールその1。日数制限があると村人をいい感じに追い詰めらたのに期日がきてしまって負けてしまうということがあります。ということでこのルールでは日数制限を設定しません。勝負がつくまで続けられます。
【パス無制限】  狼のパス回数に制限がなくなります。
 狼が何回でもパスを行うことが出来ます。但しこれをやると狼がなかなか人を襲わなくなってしまうので、必ず日数制限を設けてください(日数制限無ルールとの併用は不可)
【白紙投票無】  白紙投票ができなくなります。
 処刑投票で、死者が出ていなくてもかならず誰かを処刑する、というルールです。死者が出ていない以上言いがかり処刑になることが多いですが……

【簡易ルール】  部屋の移動がない簡易バージョン。詳細は[こちら]
 花束市場で行われた人狼で使用された、夜フェイズの部屋移動がないバージョン。
 場所をとらず、魂のリングを必要としない(というより使えない)と言う意味で、ゲームとしては簡易ではあるが、ムードはない(笑)
 またこのときは使用されたルールもベーシック職業限定となっている。





[戻る]