●第六回プレイログダイジェスト


 使用ルール:エキスパート・妖精あり。四人部屋ルール使用。
 制限日数:七日目の朝まで

参加者
Dさん Lさん Nさん Iさん Uさん Aさん
Wさん Gさん Rさん Cさん Tさん Sさん
Bさん Yさん Kさん Mさん Hさん  



▼一日目▼
 ログ消失してますが特にネタ会話以外何もなかったはず。
 部屋割りは4人部屋ルールで行い、サイコロエモで数の大きかった人が相手を選ぶという方法を取った。

 部屋割り:[Wさん&Kさん&Cさん&Nさん] [Lさん&Bさん&Aさん&Rさん] [Sさん&Gさん&Mさん&Yさん]
        [Iさん&Uさん&Hさん] [Tさん&Dさん]



▼二日目▼
 いきなりMさんとRさんが死体で発見された。どちらの同室者も「わからない」と証言。
 妖精or狼の可能性が高まり、ここで占師COを求める声が。しかし占師は名乗りをあげず、そのまま時間切れとなる。
 投票ではRさんの同室者であり、村人COをしたYさんに票が集まり処刑となった。
 本人は死に際に村人COを撤回、「牧師CO」を行った。

 部屋割り:[Wさん&Uさん&Kさん&Tさん] [Iさん&Cさん&Bさん&Nさん]
        [Sさん&Hさん&Aさん] [Lさん&Gさん&Dさん]


▼三日目▼
 朝、Kさんの死体が発見される。同室者の3名は「わからない」と証言。
 占師も引き続き名乗りをあげず、場は混乱に包まれる。結局進展のないままに時間が来てしまう。
 投票ではKさんの同室者のWさんに票が集まった。Wさんは遺言で共有者COをほのめかして死亡した。

 部屋割り:[Sさん&Iさん&Aさん&Uさん] [Lさん&Bさん&Gさん&Tさん] [Cさん&Nさん&Hさん&Dさん]



▼四日目▼
 この日Iさんの死体が発見される。同室者3名はまたもや「わからない」と証言。
 同室者3名はいずれも以前死者の出た部屋にいたことがあるということで狼の疑いがかかる。
 ここでAさんが「牧師CO]するも、真偽を確かめる間もなく時間切れ。
 投票ではUさんに票が集まり処刑となった。


 部屋割り:[Sさん&Lさん&Bさん&Nさん] [Dさん&Hさん&Gさん] [Aさん&Tさん&Cさん]



▼五日目▼
 大量死が発生。Dさん、Cさん、Lさん、Nさんが死体で発見される。
 Lさんの死についてはAさんが「遺品を見せられた」と証言。ここでBさんが「共有者CO」、そしてSさんが「人狼CO」を行った。
 Bさんは共有者の相方として以前共有者COを仄めかして処刑されたWさんだったと証言する。ここで会議の時間切れ。
 投票では人狼COのSさんではなくGさんの方に票が集まった(理由は想像できると思いますが)。
 Gさんは「司祭CO」を行い処刑された。


 部屋割り:[Tさん&Bさん&Hさん] [Aさん&Sさん]



▼六日目▼
 朝、Bさんの死体が発見される。
 生存者4名はいずれも狼であり、これにより人狼の勝利が確定した。




▼参加者の職業▼

人狼サイド
群人狼1 Sさん、Aさん
群人狼2 Tさん、Hさん
はぐれ人狼 Uさん
狂信者 Iさん(Uさんの囁き)
狂人 Cさん
村人サイド
村人 Dさん
共有者 Wさん、Bさん
狩人 Nさん、Rさん
占師 Kさん
司祭 Gさん、Lさん
牧師 Yさん
第三陣営
妖精 Mさん


▼今回の感想▼

 手元のメモを紛失してまとめに苦労した今回orz
 群れ狼が初期に噛み合いによってお互いを認識しあってしまい、組織票で村人側を倒していってしまった。中盤からやたらと投票が分散せず処刑者に票があつまっているのはそのため。逆にいうと容疑者が複数いるなかで票が集まった人はよほどの怪しいことがない限り白だったと見るのが確実かもしれない。
 結果的に群れ狼4名ともが生存という結果になってしまった。村人側も弱くはなかったのだが……牧師と司祭が能力を使えないまま死亡したのが痛かった。ちなみにLさんはNさんに撃ち殺されてしまっての死であり、故に人狼が死亡していないのである。

 また今回の衝撃は初回妖精一撃占いorz これは正直驚いた。Mさんには申し訳なく; これ以降初回死亡はなにもできなくて寂しいということで初日にも3分の会議時間を設けることとなった。また占師のKさんはステルスしていたものの、狼に正体を見抜かれ、CO前に死亡してしまった。これが結果的に人狼有利に働いた(会議時間が割かれるから)。

 結論として、狼は一部屋の人数が多いときには数を減らすべきだと痛感。今回の展開だと正直3匹でもいい勝負になったかもしれない(牧師と司祭が動けなかった影響もあるが)。ただ司会者の予想などプレイヤーの前には塵芥にも等しいのでどうしようもないorz




[戻る]