●第二回プレイログダイジェスト


 使用ルール:エキスパート。三人部屋ルール使用。
 制限日数:8日目の朝まで。

参加者
Fさん Kさん Sさん Mさん Tさん
Aさん Yさん Cさん Hさん  



▼一日目▼
 一日目は特に会議することもないため自己紹介。
 部屋割りは3人部屋ルールで行い、司会者が1人目を指名し選ばれた人が同室者を一人選んでいく方式をとった。

 部屋割り:[Aさん&Fさん&Kさん] [Cさん&Yさん&Sさん] [Mさん&Hさん&Tさん]


▼二日目▼
 いきなりKさんとCさんの2名が死体で発見される。
 Kさんの同室者は遺品を貰ってない為他殺だろうと断定。Aさんは当然Fさんが怪しいと主張。
 ここでHさんは「自分はKさんの共有相方だ」と【共有者CO】を宣言。AさんかFさんが人狼だろうと断定する。
 これに関しての真偽を語ってる間に時間が。Cさんの死亡については解明されないままだった。
 投票ではCさんの同室だったSさん。そしてFさんとAさんに票が集まったが、アグレッシブに動いたのが逆に眼を引いたのか
 Aさんに最も票が集まり、Aさん処刑となった。

 部屋割り:[Hさん&Mさん&Fさん] [Tさん&Yさん&Sさん]

▼三日目▼
 今朝も何事もない平和な朝。
 この日は唐突にMさんが【霊能者CO】を行い、【Aさんは人狼だった】と証言した。
 また死者が出ていないことから昨日語られなかったCさんとの同室者に話が向く。
 ここで昨日Cさんと同室だったYさんが【司祭CO】を行い、カウンターは発動していないこと、それゆえSさんが怪しいと証言。
 投票では票が4名に割れたものの、Yさんが怪しいと論じたSさんに票が集まり、処刑となった。

 部屋割り:[Tさん&Yさん&Hさん] [Mさん&Fさん]


▼四日目▼
 この朝、Hさんの死体が発見される。Tさんが「Hさんに遺品を見せられた」と証言。
 Mさんは霊能結果で【Sさんは人狼ではない】と証言した。これにより状況的にYさんが苦境に立たされる。
 またここでFさんが【牧師CO(能力未使用)】を宣言した。ただし真偽を考察する時間は取れず。
 投票ではYさんとFさんに票が分かれてサイコロ決戦。結果Fさんが処刑された。

 部屋割り:[Tさん&Yさん&Mさん]


▼五日目▼
 朝、Tさんの死体が発見される。これでYさんとMさんの一騎打ちに。
 この時点で1:1の勝利判定が成立していなかったので少々揉めるものの、
 Yさんがまだ能力未使用の司祭であったことから、村人側勝利で決着がついた。



▼参加者の職業▼

人狼サイド
群人狼 Sさん(4)、Aさん(3)
はぐれ人狼 Mさん(4)
豹人間 Tさん
村人サイド
共有者 Hさん、Kさん
牧師 Fさん
司祭 Yさん
狩人 Cさん


▼今回の感想▼

 初めて1:1ルールが確立した回。こういう展開もあるのかとまた一つ勉強になりました。

 今回のネックはやはり初回襲撃。襲った相手が共有者であったことが人狼の不幸でした。人数が少なく、状況的に騙りじゃないだろうとなってしまったので……
 人狼側も、牧師のFさんを能力未使用のまま吊り上げたのは見事。またMさんの偽霊能COもあってYさんをあと一歩のところまで追い詰めました。が、最初に群狼2名を失ってしまったことで挽回まではいたらず。司祭が生き残ってしまい、村側勝利となりました。




[戻る]